INTERVIEW

SUZUKA KODAMA 児玉 涼香

管理部 / 2019年入社

飯山精器に入社した経緯

大学のあった埼玉から、地元の長野に戻ってきて働きたいと思っていました。就職活動中は業態を絞らずにいろいろな企業を検討し、その中でも実家から近く会社の雰囲気の良かった飯山精器に入社を希望しました。

大学時代も製造に関して学んでいたのですか?

学生時代は、文学部日本文学科で古事記を学んでいました。
ですから、製造業は未知の業界でしたが、特に抵抗感はありませんでした。
実際に働き始めてからも、職場で、理系・文系の垣根を感じることはないです。最初、製品の材料の種類などを覚えていくのは少し難しかったのですが、先輩もわからないことは聞けば、いろいろと教えてくれました。入社前は「堅そうだな」「厳しいのかも」といった印象があったんですが、実際そんなことはなく、どんな人でも適性を見ながら働いていける環境だと思います。

どんな業務を担当されていますか?

現在は出荷担当として働いています。お客様にお届けする製品の出荷前の梱包や、配送手配、伝票の管理などを行っています。出荷までの間に製品を洗浄したり、小さな製品をトレイや袋に入れたりして、ていねいに梱包作業を行っています。
また、出荷する製品が今、製造工程のどの段階にあるか、例えばまだ切り始めて加工し始めたところなのかなどを把握し、今日出荷する製品の確認や発送先のチェックなどは、Excelで一括管理しています。

入社後に成長できたと思うところはありますか?

現在は出荷担当ですが、以前は生産管理の仕事をしていました。お客様から発注を受けたり、納期調整のご連絡をしたりと、営業にも近い仕事でしたね。特に、製品の納期が確定しにくいとき、お客様にどうお伝えするかについては頭を抱えることも多く、難しかったです。その後出荷担当に異動となって、今はまた新たに仕事を覚えている途中です。出荷先の顧客数は毎月常時20〜30社ほどですが、最初はなかなか慣れず、発送先や製品の個数を間違えたりと、失敗していました。今は少しずつ仕事を覚えながら、慎重に対応していけるようになりました。

インタビュー一覧