INTERVIEW

SHINGO NAGAMINE 永峰 慎吾

製造部 / 2006年入社

飯山精器に入社した経緯

中野実業高等学校(現・中野立志館高等学校)時代に学んだ機械の知識を生かして製造の現場で働きたいと考えて入社しました。

仕事内容について教えてください。

今は、汎用旋盤にNC装置という数値制御装置を組み込んだ「NC旋盤」という機械の製造ラインに入っています。予め加工プログラムを作って機械に指示を送り、機械に加工をしてもらいます。具体的な製品としてはネジを切ることが多いです。
マシンオペレーターの業務は、機械を動かしながら製品のチェックを行います。現在は、同時に4台機械で製造した製品の寸法チェックなどを行い、トラブルがないか目を光らせ、何かあればその都度対応するという感じです。

以前は夜勤も担当していました。夜勤は日勤に比べてややハードな分、経験値を積むことができたなと感じています。

この会社に入社したのはなぜですか?

中野市で行われていた展示会で当社の製品が展示されていたのを見て、良い印象を持ちました。
会社が実家からも近かったので通いやすく、こちらに決めました。

仕事をする中で壁にぶつかることはありますか?

よくあります。
機械が自動で加工してくれるとはいえ、加工の内容的に難易度が高くて調整が大変だったり、思い通りの仕上がりにならなかったり……。試作として一つ作ってみても「なんかうまくいかない、変だな」「どうしたらいいんだろう?」と首をひねることもたびたびあります。
そんなときは、機械の設定を変えたり、工具を見直してみたりして、何度も探りながら進めていきます。意外かもしれませんが、自分の知識をフルで活用しながら作業をしていく仕事なんです。

働く現場の雰囲気について教えてください。

一緒に働く仲間はみんな親切です。
先輩は困ったら相談に乗ってくれますし、教えられることが多く、よく助けていただいています。特に仲の良い先輩とは、仕事以外の話もしますよ。今は私自信も後輩に指導をするようになりました。

最後に、今後のビジョンについて教えてください。

仕事は、トライ&エラーを繰り返していくことで、着実に覚えていけるものだと思います。「仕事ができる人」は、前回できなかったことや失敗も、着実に経験として生かしていける人だと思います。
これからは、経験を生かして、私も後輩に頼ってもらえるような先輩になれるよう頑張っていきたいですね。

インタビュー一覧